買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・ファッションやアウトドアを中心に日常のアレコレを紹介をするブログ


【Picogrill398】話題沸騰のピコグリル398を実際に使ってみた。【STC】


 


今回は今話題沸騰中で価格も高騰しているピコグリル398を手に入れることが出来たので記事にしていきたいと思います。

 

ピコグリル398とは

ピコグリル398は、重量442gと持ち運ぶのに充分な軽量さでフラットに折りたたんでパッキングできます。組み立ては簡単で、シェルとフレームを組み合わせた独特の形状になります。他の煙突型のウッドストーブに比べて大きな薪を使うことができることから火も長持ちでき、構造的に一方向に薪をくべるので空気の通りがよく、火付けも容易で少ない薪でも充分な火力を得ることができます。足部分の高さもあるためグラウンドにダメージを与えません(※植生がある場合は念のため下にアルミシート等を敷いてお使いください)。

重量:442g(フレーム202g、シェル164g、スピット38g×2本、専用袋47g)

寸法:33.5×23.5×1.3cm

メーカー:STC(スイス)

価格(定価):本体11,800円、スピット650円×2本

 

ピコグリル398が家に届きました。

さて、お家にピコグリルが届きました。

中身はこのような感じ。

フレーム1つ、シェル1枚、スピット2本ですね。

重さは上述しているように専用袋を含めて500gもありません。

焚き火台がペットボトル1本より軽いというのが驚きですよね。

組み立てるとこのような感じ。

フォルムがとても美しいですよね。

細かく刻まれたスリットで火力を強く保てるようになっていますね。

スピットを乗っけるとこのような感じ。

スピットは見た目弱そうに見えますが、作りがしっかりとしているので

鍋やスキレットを乗せても平気でした。(写真撮り忘れました。)

組み立てるのも簡単でかなり軽い。実際にキャンプで使うとどうなるのでしょうか…

 

それではキャンプ場へ行きましょう。

 

続きをメガネをかけたキリンのブログで読む