買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・ファッションやアウトドアを中心に日常のアレコレを紹介をするブログ


データ復元の心強い味方「EaseUS Data Recovery Wizard」のご紹介


みなさんは大切なデータを誤って消してしまったときどうするでしょうか?

 

そのデータはきちんとバックアップ取っていたでしょうか?

 

バックアップを取っていなかったとしたら、そのショックはとても大きいですよね。

 

そんなとき、データを復元するソフトがあればデータが消えてしまっても怖くない!

 

今回はデータ復元の心強い味方、「EaseUS Data Recovery Wizard」をご紹介したいと思います。

 

f:id:null11blg:20191026004458p:plain

Reference: EaseUS®Mac用データ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard for Mac |EaseUS公式サイト

  

(こちらの記事はEaseUS Software様のご提供です。)

 

 

EaseUS Data Recovery Wizardについて

「EaseUS Data Recovery Wizard」は、EaseUS社のデータ復元ソフトです。

 

さまざまなデータ紛失ケースに対応可能なデータ復旧ソフトと銘打たれているように、Windows/Macの両OSに対応し、パソコン内臓HDD・SSDや外付けストレージデバイスからデータを復元できるようです。

 

例えば、以下のケースでのデータ復旧が可能とのこと。

  • ハードディスク復元
  • ゴミ箱復元
  • 削除復元
  • 外付けデバイス復元
  • システムクラッシュ復元
  • フォーマット復元

 

また、多形式のファイル復元に対応しておりファイルの形式問わずにファイルを復元できるようです。 

  • 画像
  • 音声
  • 動画
  • ドキュメント

 

詳しい情報につきましては、公式サイトをご確認ください。

EaseUS®データ復元フリーソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free

 

入手先について

データ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」は以下のリンクからダウンロード可能です。

 

無料版と有料版がありますが、基本的な機能は一緒で、データ復元できるデータサイズのみ違いがあるといった感じです。

 

f:id:null11blg:20191025084648j:image

公式サイトより

有料版ではデータ量の制限が無いようです。 

 

無料版は2GBまでとなってますが、有料版では無制限で復元できるようになっています。

 

動画編集や画像編集を行う方など、大きなデータを扱う方は、データ量が無制限で復元できる有料版がいいかと思います。

 

ダウンロードリンク

【Windows版はこちら】

EaseUS®データ復元フリーソフト - EaseUS Data Recovery Wizard Free

 

【Mac版はこちら】

EaseUS®Mac用無料データ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard For Mac Free |EaseUS公式サイト

 

インストールを行う

それでは、実際に「EaseUS Data Recovery Wizard」を利用してみたいと思います。

 

私のPCはMacであるため、今回はMac版を利用します。

 

お試しということで、まずは無償版をインストールしたいと思います。

 

まずは、公式サイトからインストーラをダウンロードします。

 

ダウンロードしたインストーラを起動して、インストールします

f:id:null11blg:20191025194325p:plain

 

このように確認画面が出る場合がありますが、こちらは「開く」をクリックして次へと進みます。

f:id:null11blg:20191025194455p:plain

 

パスワードを求められたので、パスワードを打ち込みます。

f:id:null11blg:20191025194739p:plain

 

そうすると、「EaseUS Data Recovery Wizard」が立ち上がり、メイン画面が表示されます。

f:id:null11blg:20191025194839p:plain

 

ここまでくれば、インストールは完了です。

 

実際にデータ復元してみる-無償版-

公式サイトの手順にしたがって復元を行います。

 

データ復元の下準備 

まずは下準備として、USBメモリにファイルを用意して削除します。 

f:id:null11blg:20191027134629p:plain

最近、頑張って書いている競馬のデータを集めるスクリプト...消えたら痛い...

 

このファイルをゴミ箱に入れます。

f:id:null11blg:20191027134854p:plain

 

ゴミ箱に入れたファイルを削除します。

f:id:null11blg:20191025200218p:plain

 

確認画面が出ますが、えいやっと削除を押します。

f:id:null11blg:20191025200257p:plain

 

削除が完了し、ゴミ箱が空っぽになりました。

f:id:null11blg:20191025200329p:plain

 

これで下準備は完了です。

 

果たして、データ復元できるのでしょうか。

 

続いてデータ復元に入ります。公式サイトにある3つのステップに従ってデータ復旧を進めていきます。

 

データ復元 Step.1 ドライブを選択してスキャン

復元したいファイルが保存されていたドライブを選択し「スキャン」をクリックします。今回はUSBメモリを指定すればOKですネ。

f:id:null11blg:20191027140017p:plain


USBメモリを選択し、スキャンを実行します。

f:id:null11blg:20191027140152p:plain

 

スキャンが完了したようです。しっかりと削除したファイルが検出されましたね。

f:id:null11blg:20191027140311p:plain

 

データ復元 Step.2 ファイルを選択して復元

 先ほどスキャンして検出されたファイルを選択し、「今すぐ復元」をクリックします。

f:id:null11blg:20191027140502p:plain

 

そうすると、ファイルの復元先を選択する画面が出ますので、USBメモリを選択し「保存」をクリックします。

f:id:null11blg:20191027140648p:plain

 

そうすると、警告が出ました。ということで、デスクトップに復元したいと思います。

f:id:null11blg:20191027140742p:plain

 

再度、「保存」をクリックします。しっかりと復元できるのでしょうか?

f:id:null11blg:20191027140917p:plain

 

データ復元 Step.3 復元完了

「リカバリーが完了しました!」の頼もしいメッセージが表示されました。そこでデスクトップを確認したいと思います。

f:id:null11blg:20191027141014p:plain

 

すると、「EaseUSが復元したデータ」なるフォルダが作成され、中には削除された競馬のスクリプトが入っていました。ふう〜助かりました!

f:id:null11blg:20191027141155p:plain

f:id:null11blg:20191027141304p:plain

 

一応、中身を確認してみます。どうやら、きちんと復元されたようです。

f:id:null11blg:20191027141919p:plain

中身はまだ秘密です

 

日本語も文字化けすることなくきちんと復元されているようです。これはすごいですね。

f:id:null11blg:20191027142051p:plain


以上、無償版におけるデータ復元でした。

実際にデータ復元してみる-有償版-

ここでは2GB以上のデータを用意してデータ復元してみたいと思います。

 

データ復元の下準備 

USBメモリに約3GBのデータを用意しました。用意した「material」は動画編集用の素材で、7z形式で圧縮されたファイルです。

f:id:null11blg:20191027163821p:plain

 

このデータをゴミ箱に入れて削除します。

f:id:null11blg:20191027163932p:plain

 

データ復元の下準備はこれで完了です。

 

データ復元 Step.1 ドライブを選択してスキャン

USBメモリのスキャンを行います。「#ATERIAL」がデータサイズ的に先ほど削除した「material」のようです。

f:id:null11blg:20191027164254p:plain

 

「#ATERIAL」を選択して「今すぐ復元」をクリックすると...

f:id:null11blg:20191027164459p:plain

 

無償版のデータ制限である2GBを超えたファイルであるため、アップグレードを求められました。

今回は、EaseUS Software様よりご提供いただいたライセンスコードを利用して、有償版にアップグレードしたいと思います。

 

データ復元 Step.2 ファイルを選択して復元

アップグレードが完了すると今度は無事にファイルを選択することができました。保存先を選択する画面が表示されたので、デスクトップを指定して「保存」をクリックします。

f:id:null11blg:20191028203139p:plain

 

あとはリカバリーが完了するまで待ちます。

f:id:null11blg:20191028203429p:plain

 

データ復元 Step.3 復元完了

しばらくすると、「リカバリーが完了しました!」というメッセージが表示されました。

f:id:null11blg:20191028203528p:plain

 

デスクトップを確認すると、「EaseUSが復元したデータ」なるフォルダが作成され、しっかりと「#ATERIAL」が復元されていました。

f:id:null11blg:20191028203806p:plain

f:id:null11blg:20191028204048p:plain

 

無事にデータ復旧することができたようです。

 

2GB以上のデータも基本的なステップは変わらず、同じように復元ができるようですね。

 

ちなみに

これを動画編集で使うWindows環境に移して7-Zipで展開してみます。

f:id:null11blg:20191028205538p:plain

f:id:null11blg:20191028210930p:plain

 

しっかりと中身も復元されているようです。記事に載せることはできませんが、中身の動画も再生することができました。

 

圧縮ファイルもバッチリ復元できるのはさすがですね。また、OSが変わっても復元したファイルをしっかりと利用することができるというのは大変便利ですね。

 

まとめ

今回はデータ復旧ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard」をご紹介しました。

 

3つのステップで簡単にデータ復元できるのは大変便利だと感じました。

 

大切なデータはバックアップを取るように心がけるのはもちろんですが、いざというときにしっかりと復元できるソフトがあると心強いですよね。

 

みなさんも「EaseUS Data Recovery Wizard」を利用してみてください。

 

非常にオススメのソフトです。