買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・ファッションやアウトドアを中心に日常のアレコレを紹介をするブログ


【安田記念】歴史の転換点、最速のマイラー誕生に立ち会ってきた【回顧】


電車に揺られること数十分。

見上げた先には東京競馬場口の看板。

 

f:id:null11blg:20190610214454j:image

 

東京競馬場口の臨時出口がお出迎え。

 

f:id:null11blg:20190610214522j:image

 

そう、この日を待っていたんだ。

 

f:id:null11blg:20190610214528j:image

 

世界最強クラスの馬アーモンドアイ。

そして、世代最強クラスの馬ダノンプレミアム。

 

最強はどちらか!

 

この歴史的瞬間に立ち会うべく、初めての東京競馬場に降り立ったのでした。

 

(この記事は安田記念の回顧記事となります)

 

 

決戦を控えた東京競馬場で見たもの 

東京競馬場に到着したのはちょうど8Rのパドック周回が始まるころでした。


f:id:null11blg:20190610214509j:image

東京競馬場のボルテージはまだ充電中

 

東京競馬場ってなんだかきれいですね。中山競馬場とはまたちょっと違った感じです。


f:id:null11blg:20190610214435j:image

11Rの下見がてら8Rのパドック見学

 

今回の目的はアーモンドアイとダノンプレミアムの直接対決を見届けるということ。

 

その前のレースには目もくれず、天やのエビ天丼をがっついて待機することにしました。

 

この世のすべての競馬ファンがここに集まったのか...?

エビ天丼をがっついてる間に11Rのパドック周回が始まりました。

 

え...

 

人がいすぎて全く見えないんだが....

 

油断していた...やはりこのパドック周回を見たいと思う競馬ファンはたくさんいるのだな...

 

なんとか見える隙間を探してなんとか写真を撮ることができました。

 

f:id:null11blg:20190610220456j:image

サングレーザー


f:id:null11blg:20190610220503j:image

ステルヴィオ


f:id:null11blg:20190610220506j:image

フィアーノロマーノ

 

f:id:null11blg:20190610220459j:image

ペルシアンナイト


f:id:null11blg:20190610214531j:image

アーモンドアイ


f:id:null11blg:20190610214501j:image

ダノンプレミアム


f:id:null11blg:20190610214535j:image

インディチャンプ

 

個人的に期待していたのは、フィアーノロマーノでした。

 

ぶっ飛んでくるならこの馬かな~と思いつつ、ダノンプレミアムを応援することに。

 

アーモンドアイが負けるとしたらここしかないだろうという野生の勘が騒いでいたのです。

 

あとで思えば、ある男の存在をすっかり忘れていました。

 

そうとも気付かず、パドックを離れたのでした。

 

通り過ぎる馬に風を感じる

今回もゴール前に陣取ってレースを見守ります。


f:id:null11blg:20190610214545j:image

安田記念のゴールを確認し陣取る

 

そして颯爽と駆け抜けるアーモンドアイ。

 

f:id:null11blg:20190610220352j:image

大歓声の中駆け抜けるアーモンドアイ

 

ルメールは有馬記念のときも、こうやってレイデオロを見せてくれたんだよな。

 

続いて駆け抜けるアエロリット。


f:id:null11blg:20190610220356j:image

頑張れよ、戸崎

 

私たちは、ここにいる...!

恒例のJRAのかっこいいムービーが流れます。


f:id:null11blg:20190610214448j:image

私たちは、ここにいる。- We are here

 

なんだか、胸に熱いものを感じますね。


f:id:null11blg:20190610214512j:image

 

次の伝説は、何だ。


f:id:null11blg:20190610214439j:image

 

ここで会場のボルテージは一気に最高潮に。


f:id:null11blg:20190610214515j:image
f:id:null11blg:20190610214525j:image

 

鳴り響くファンファーレ。これが現地観戦の醍醐味よ。

 

オイオーイ!!!

 

安田記念、始まります。

 

歴史の転換点に立つもの

目の前を先頭で駆け抜けた馬、それはインディチャンプでした。


f:id:null11blg:20190610214539j:image

 

福永~!やってくれたなぁ!


f:id:null11blg:20190610214505j:image

ビジョンに映るインディチャンプと福永祐一


f:id:null11blg:20190610214549j:image

してやったり?な福永祐一

 

こういうとき、福永はやるんだよな。

おめでとう!


f:id:null11blg:20190610214441j:image

インディチャンプもどこかしてやったりな感じ


f:id:null11blg:20190610214518j:image

新たな歴史をありがとう


f:id:null11blg:20190610214445j:image

5 インディチャンプ - 2 アエロリット - 14 アーモンドアイという結果に

 

あぁ、なんだかすごいものを見てしまったな。

 

競馬はギャンブルであるということ以上に、ドラマを感じることができるような気がします。(紙くずを握りしめながら)

 

おわりに-勝っても負けてもカツ

東京競馬場を離れ、たどり着いた秋葉原。

 

なんか、カツが食べてえなということで牛カツのお店へ


f:id:null11blg:20190610214452j:image

牛カツ定食

 

あぁ^~


f:id:null11blg:20190610214458j:image

おいしくいただきました。

 

また、競馬見に行きてえなぁ...

 

次のGIは宝塚記念ですが、阪神競馬場には行けそうにないので残念ながら自宅観戦です。

 

となると、次はジャパンカップですかね。

 

新たな歴史に立ち会えることを夢見て一日を終えたのでした。

 

www.null11blg.site

www.null11blg.site