買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・ファッションやアウトドアを中心に日常のアレコレを紹介をするブログ


【GarageBand】初心者がガレージバンドで作曲してみて思ったこと


 

f:id:null11blg:20190307203855j:image

 

先日の記事から、右も左もわからない状態でスタートした作曲という趣味。

 

 

www.null11blg.site

 

 

しばらくパソコンと向き合いながら曲を作ってみて色々と感じることがあったので、記事にしようと思います。

 

 

 

新しい曲を作った

 

前回の記事を書いた際に曲を作ってからも、暇を見つけてはパソコンとにらめっこしながら曲を作っていました。

 

「次は楽器を増やしてみよう」なんて考えながら、触ったこともない楽器たちと格闘すること数日・・・

 

今回はピアノに加えてアコギ・ストリング・鉄琴を使ってみました。

 

 

※イヤホン等での視聴をオススメします 

 

 

「あの曲に似てる!」という呪縛

 

曲を作っていてすごく感じたのは、どんなフレーズを打ち込んでも「なんか聞いたことあるような・・・」とか「これってあの曲のフレーズに似てる」といった感覚が常につきまとっていた、ということです。

 

オリジナリティーを出すというのがいかに難しいことか・・・

 

しかしながら、これに関しては「まぁ気にせずやっていこう」とあまり気にしないようにしました。

どんなこともまずは真似るところから始まるのだ!なんてことをどこかで聞いたことがありますし、いちいち気にしていたら全然進みませんからね。

 

 

題名どうしよう・・・

 

曲を作り終わって思うのが「この曲の題名はなんだろう?」ということでした。

 

普通はいろんな物事をイメージして曲を作り、そのイメージから題名をつけるのだと思いますが、自分の場合はただ漠然と音を打ち込んでいるだけなので何をイメージしているのかさっぱりわかりません。

 

なので、題名をつけようにもいまいちピンとこないんですよね。

 

聴いて頂いた皆さんは、何をイメージするのでしょうか?非常に気になります。

 

 

 

自分の音楽を持ち歩くということ

 

これはなんだかすごく不思議な気持ちです。

 

自分が作った曲を音楽機器に入れて持ち歩き、外で聴いてみるとなんとも感動するような照れくさいようなとても新鮮な気持ちになります。

 

まだまだ「作曲してます」なんて周りに言えるほどではありませんが、自分の作った曲を聴いていると「作曲を始めてよかったなぁ」なんて思ったりします。

 

 

何かを始めてみるということ

 

別に作曲だけではないですが、今までやろうとも思わなかったことに触れてみることで、新しい何かがたくさん見つかると思います。(大げさかもしれませんが)

 

 一つのことをやってみると「次はこれをやってみたいな」なんてものが見つかって、そこからさらにいろいろなことが学べるものだなぁ・・・と言われてみれば当たり前なことに気づけたことは、個人的に大きな収穫だと思います。

 

 今は何を始めるにしても、様々な情報が手に入ります。

とりあえず始めてみよう」の精神で、これからも色々とやっていこうと思います。

 

成功しても失敗してもブログに書けば、ネタになりますしね。

 

 

 

おしまい