買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・アウトドアやファッションを中心に購入品紹介をするブログ

【GarageBand】作曲どころかピアノですら初心者の私が曲を作ってみた

 

 

 

今回は何を思ったのか、MacBookに同梱されている作曲ソフト『GarageBand』で

作曲をしてみました。

 

音楽理論どころかピアノすらろくに弾けない素人が

短いながらもピアノで一曲作るまでのアレコレを共有しようと思います。

 

 

 

GarageBandとは

GarageBandが、あなたのMacをあらゆる機能を装備した音楽制作スタジオに変えます。
音源、ギターやボーカルのプリセット、セッションドラマーとパーカッショニストの驚くような
セレクションを含む完全なサウンドライブラリを内蔵。直感的に使える洗練されたデザインを持ち、
MacBook Proに搭載されたTouch Barも活用できます。だから、楽器を学ぶのも、演奏するのも、
レコーディングするのも、あなたの名曲を全世界に公開するのも、すべてが思いのまま。
プロのような音楽制作を今日から始めましょう。

 

www.apple.com

 

 

GarageBandはプロのミュージシャンではなくても、気軽に作曲ができるようにと開発されたソフトで、楽器を持ってなくてもパソコンやスマートフォンで曲が作れてしまいます。

 

また、もともと内蔵されているフレーズがたくさんあるので、1つずつ音を打ち込まなくても本格的な音楽を楽しめます。

 

 

今回は、一から作るということでこれらのフレーズは使わずに1つ1つ音を打ち込みながら作曲しようと思います。

 

 

音楽知識なんてないんですけど

 

一応、鍵盤ハーモニカとリコーダーを学校で習ってますから

ドがどの位置にあるかはわかります。

 

ただ、作り始めた直後に第一の難所『コード』が待ち受けていました。

いわゆるCとかFとかですね。

 

ピアノコード一覧表 | 楽器.me

 

これをみて「こんなの覚えられるか!」となりましたが

調べてみると、コードには規則性がある上に

 

有名なコード進行が何パターンかありそれを使えば良い

 

ということがわかり、まず最初は基本的なコード進行で曲を作ることにします。

 

コードを作る

 

さてGarageBandの画面はこんな感じ。

 

f:id:null11blg:20190125130945p:plain

GarageBand1

 

操作性としては、少し調べただけで結構直感的に操作できました。なので初めてでもほとんどつまずくことなくできると思います。

 

この画面で音を打ち込んだり、使う楽器やテンポなどを変えることができます。

 

今回使うコードは

G→A→Bm というコードです。平凡なコード進行だな、と思う方もいるかと思いますがご容赦を。

 

 

 

コードを装飾する

 

基本的に同じコードを使うので、音を足したり引いたりすることによってどうにか誤魔化そうとします。

 

一音ずつ鳴らしていたり、リズムを変えてみたり、ベースとなるような低い音を足しながらいじってみます。

 

 

こんな感じになりました。

 

f:id:null11blg:20190125131036p:plain

GarageBand2

 

 

メロディーを作る

 

次は作ったコードにメロディーを載せてみようと思います。

これがまぁ難しいし大変。

 

自分では「次はこんな感じの音かなぁ」と音を打ち込んで試しに聴いてみると

これがホントに聴けたもんじゃない不協和音。

 

一音打って確認、もう一音打って確認。

 

メロディーを考えるのは一番楽しい部分なのですが、かなり時間がかかります。

 

 作りながら色々と調べていると

 

・コードで使われている音を中心に使う

・4小節や8小節単位でかたまりを作る

・鼻歌を歌いながら作る

 

などなど、色々わかってきたので段々と楽しくなってきます。

 

 メロディーを打ち込んだら、曲を流しながら気になる部分を修正して・・・

 

 

完成!!

 

文章にすれば簡単ですが、2分ほどの、しかもピアノしか使わない曲を作るのに数日かかりました。

どうにか素人の耳では聴けるような曲になりましたので、よければ聴いて感想やアドバイスなどいただければ嬉しいです。

 

(イヤホン・ヘッドホンでの視聴をお勧めします) 

 

 

まとめ 音楽ってこんなに楽しいんだ!

 

 

今までは他人の曲を聞いているだけで、ある意味受動的な形で音楽を楽しんでいましたが、曲を作るという新しい方法で音楽を楽しむことができました。

 

それと同時に「やっぱりプロの音楽家ってすごいんだなぁ」と改めて実感しました。

 

今は、手軽かつ無料の作曲ソフトがたくさんあります。

 

皆さんも作曲始めてみませんか?