買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・ファッションやアウトドアを中心に日常のアレコレを紹介をするブログ


【終電】羽田空港から東京駅に向かって深夜徘徊した。


空港に行きてえな。

 

思いつきはそんな感じで、思い立ったらすぐに行動することをモットーに降り立ったのは新橋駅。

 

ゆりかもめに乗って一路お台場へ。夕方はお台場で夜に空港というプラン。

 

16:27

夕方の新橋駅からのスタート。日曜日ということもあって割と人が多い。遠足でウキウキしている小学生のように元気にスタートを切る。

f:id:null11blg:20181213151233j:image

 

16:54

夕方のお台場の景色。カップル多い。
f:id:null11blg:20181213151051j:image

 

17:01

日が沈みかけたお台場。夜景が色鮮やかになっていく。
f:id:null11blg:20181213151258j:image
f:id:null11blg:20181213151521j:image

 

17:09

お台場のとある通り。日本だけど日本じゃなさそう感がすごい。

f:id:null11blg:20181213153428j:plain

 

日曜日だけれども閑散とした感じのファストフード店。

f:id:null11blg:20181213153432j:plain

 

なんとなく白黒にしてみたやつ。若干のピンぼけもこうすると気にならなくなる気がする。

f:id:null11blg:20181213153436j:plain

 

17:25

お台場のシンボルといえばフジテレビというのは過去の話かもしれない。今ではユニコーンガンダムもシンボルに名乗りを挙げている。
f:id:null11blg:20181213151110j:image

 

20:06

体とバッテリーの充電をすべくマクドナルドに立ち寄ってるうちに3時間近く経っていた。

 

そしてここはビッグサイト前の階段。ここもライトアップされていた。奥のビッグサイトがラスボス感を出している。

f:id:null11blg:20181213154211j:plain

 

ビッグサイト。年末に向けて力を蓄えているところだろう。

f:id:null11blg:20181213154540j:plain

 

21:35

羽田空港に到着。入り口入ってすぐにハイテクな感じに驚いた。もしかしたら、羽田空港に一回も来たことなかったかもしれないな...
f:id:null11blg:20181213151029j:image

 

中央のエスカレーターを上がると"EDO"感のある通りを発見。
f:id:null11blg:20181213151218j:image

 

本屋さんも"EDO"感があっていい感じ。
f:id:null11blg:20181213151124j:image

 

ウ~ン、これは江戸!w
f:id:null11blg:20181213151040j:image

 

21:51

国際線ターミナルの展望デッキは、24時間開放されているということで夜でも楽しめる。
f:id:null11blg:20181213151142j:image

 

そうそう、こういう飛行機が飛び交うところをぼんやりと眺めたかったんだよな。
f:id:null11blg:20181213151302j:image

 

ANAの飛行機かっこいい。
f:id:null11blg:20181213151228j:image

 

0:05

終電逃しました。ハイ。

 

モバイルバッテリーでスマホの充電をしてからよく考えよう。

 

1:11

冷静になって東京駅までの道のりを確認。徒歩で3時間35分17kmの道のりは完璧に徒歩圏内ということですな。

 

”ほぼ平坦です。”という文字列が後押ししてくれる。

f:id:null11blg:20181213151424p:image

 

ひとまず羽田空港を飛び出してあたりを歩いてみる。まずは川崎方面に行く感じですな。
f:id:null11blg:20181213151357j:image

 

しばらく進むと銀座と横浜に道が分かれるらしいということが分かった。これは銀座方面に行けばよいでしょうな。
f:id:null11blg:20181213151115j:image

 

ちょっとしたトンネルでパシャリ。なんとなくヒンヤリしていて、吸い込まれてしまうような感じがしたところ、車が通ってきて現実に戻ることができた。
f:id:null11blg:20181213151254j:image

 

1:27

ここで再びマップを確認する。すでに1kmを歩いていて、道も合っていたようだ。このまま道なりに進めばいいのだな。
f:id:null11blg:20181213151343p:image

 

ここでようやく標識に”品川”の文字。ここまで順調。
f:id:null11blg:20181213151134j:image

 

1:35

大田区に突入。ゴミ袋が置かれていて向こうの方にDVD 同人ソフトと書かれている看板があるこの感じ、中々にエモい。
f:id:null11blg:20181213151222j:image

 

1:47

ここに来て、この旅路を記録しようと思いつきruntasticを起動。
f:id:null11blg:20181213151154p:image

 

ここでマップを確認すると、残り15kmまでの地点まで来ていた。

f:id:null11blg:20181213151243p:image

 

残り2時間57分ということは、始発より先に東京駅に着くことができるかもしれないなという謎の使命感がわいてきた。

 

道中の自販機で栄養ドリンクを見かけたのでついつい買ってしまった。スポンサーの兼ね合いで画像はぼかしてあります。ただのピンぼけです。
f:id:null11blg:20181213151045j:image

 

標識を確認すると、ついに”羽田空港”が標識から消えた。結構来たんだなって思う。
f:id:null11blg:20181213151146j:image

 

2:07

残り13kmの地点まで来たらしい。この辺りから足に違和感が出始める。このとき履いていたのはスタンスミスだったが、意外と歩くのには向いていなかったのだろうか。
f:id:null11blg:20181213151322p:image

 

標識をちらりとしたら日本橋が!もう少しで着きそうだな...
f:id:null11blg:20181213151025j:image

 

2:23

足の裏がパンパンになってきて、にっちもさっちもいかなくなってきたので、温泉を無心で探す。東京なら24時間営業の温泉はいくらでもあるのではないかという淡い期待。
f:id:null11blg:20181213151439p:image

 

あったぁ!めっちゃ近くにあったぁ!ところで、平和島ってなんだろうと思いつつ、一路天然温泉 平和島ヘ。
f:id:null11blg:20181213151349p:image

 

あぁ、ボートレース場があるんだな。夜ということもあってかどこか寂しげな感じ。
f:id:null11blg:20181213151138j:image

 

で、到着。羽田空港で終電を逃した人向けの施設でもあるらしい。ということは、今の自分にとってピッタリの施設ではないか。まぁ、歩いてここまで来る人はそんなに多くないだろうけども。

www.heiwajima-onsen.jp

 

土日料金ということもあって料金は2,100円だった。しかし、私の足が”早く温泉に入れてくれ”と足の裏をパンパンにして訴えてきたので、このまま温泉に入る。
f:id:null11blg:20181213151415j:image

 

すっきりして温泉からでてきてパシャリ。なんだろう、昔はすごく賑わっていたという感じなのかな。エモい。
f:id:null11blg:20181213151059j:image

 

YouTubeに平和島についての動画があったので見てみた。どうも、平和島は埋めたててできた人工の島で、ボートレース場の他にもいろいろな歴史があるみたいだな。

youtu.be

 

3:14

平和島を出発してちょっと歩いたところの標識を見たところ、品川まで4kmの地点まできていることが分かった。
f:id:null11blg:20181213151406j:image

 

3:30

商店街を発見。深夜なので誰もいないのだけれども。
f:id:null11blg:20181213151354j:image

 

向かいの商店街。急に中学生がコンビニ向かってダッシュしてきてびっくりした。
f:id:null11blg:20181213151332j:image

 

この時間は深夜だと思っていたが、早朝ととらえることもできるかもしれない。が、この時間に中学生が起きてるのはそれはそれで謎な気がする。

 

3:44

東海道品川宿という通りを発見。FC東京推しなのかな。
f:id:null11blg:20181213151429j:image

 

ややしばらく進むと、ちょっとした広場があった。将棋会場かな?
f:id:null11blg:20181213151447j:image

 

あながち間違ってなさそう。”歴史と文化を活かした憩いの広場”なら将棋をやってもよさそうですな。
f:id:null11blg:20181213151212j:image

 

4:17

で、また大きな道路に出たので標識を確認。品川駅がすぐ近くにあるみたいだった。
f:id:null11blg:20181213151420j:image

 

ふと振り返ると、なにやら電車のようなものが通過するところだった。
f:id:null11blg:20181213151435j:image

 

ショベルカー積んでるのかな。
f:id:null11blg:20181213151506j:image

 

4:52

東京タワーがちらっと見えた。個人的に、東京のシンボルといえば東京タワーなんだよな。ここまで来て、ようやく”東京”に戻ってきた感が出てきた。今までの道のりは全部東京なんだけれども。
f:id:null11blg:20181213151401j:image

 

ここで、runtasticを確認すると、すでに15.15kmを歩いていた。ということは、東京駅まで残り2kmの地点にいるということになるが、本当か?
f:id:null11blg:20181213151204p:image

 

この時点で足の裏はパンパンで、半分足を引きずるような形になっていた。長旅のお供にはウォーキングシューズが必須なんですなぁ。

 

5:10

道中、WINE&BEERのおしゃれなお店を発見。今の”ゾンビ”のような状態では入っていけそうにない。まぁ、お店は閉まってるのだけれども。
f:id:null11blg:20181213151249j:image

 

ちなみに、お店の情報はこちらです。

ten-land.com

 

ここでマップを確認すると、東京駅まで3.1kmの地点まできていた。もしかして羽田空港から東京駅まで17km以上あったのではないかと思い始めたが、あまり余計なことは考えないことにする。
f:id:null11blg:20181213151500p:image

 

5:29

ついに新橋駅に到着。半日降りの再会である。この時点で左膝に痛みがあるというのと、両足の足の裏がパンパンになっていたので、電車に乗って東京駅という手段を真剣に検討した。まぁ、せっかくここまできたということで、そのまま東京駅まで歩くことにした。
f:id:null11blg:20181213151129j:image

 

あと2kmの地点。東京駅が迎えにきて欲しい。
f:id:null11blg:20181213151315p:image

 

道なりに進むと銀座に侵入してしまった。日中であれば、”ゾンビ”はマダムから歓迎されないであろうが、今はまだマダムはいない時間。このまま行ってしまおう。
f:id:null11blg:20181213151411j:image

 

道を歩いているとネズミと遭遇した。銀座にネズミがいるのかと少し驚いたが、ネズミも銀座に足を引きずるゾンビがいるのかと驚いたに違いない。

 

5:44

銀座を突っ切った先の標識で、東京駅まで790mということが分かった。疲労困憊である。
f:id:null11blg:20181213151511j:image

 

5:53

ついに東京駅到着!!!いやぁ、長かったですねぇ!!!

f:id:null11blg:20181213151035j:image

 

runtasticを見ると、21.10kmの道のりを歩いたらしい。17kmはどこからどこまでの距離だったんだ...
f:id:null11blg:20181213151517p:image

 

このあと、マクドナルドでたんまりカロリーを補給して家に帰りました。

 

そういえば、平和島の温泉でビールもらったんだよな。しっかり冷やしてグビッとやりましょう!

f:id:null11blg:20181213151208j:image

 

どうぞご自宅でお召し上がり下さいが心に染みました。
f:id:null11blg:20181213151104j:image

 

結論

羽田空港から東京駅までは歩くことは可能である。

 

簡単にまとめると、

  • 所要時間:約4時間半(途中温泉休憩アリ)
  • 距離:約23km(ほぼ平坦)
  • 疲労度:強
  • 道中の景色:◎

こんな感じになりますが、正直オススメはしないです。

 

羽田空港で終電を逃した場合には、冷静に始発を待ちましょう。あるいは、タクシーを利用しましょう。

 

羽田空港にはきちんと休憩できるだけのスペースがあり、ソファやベンチもあります。

 

24時間営業の吉野家をはじめとする飲食店もあります。そちらを利用されてはいかがでしょうか。

 

しかし、これだけ疲労困憊になったというのに、喉元過ぎれば熱さを忘れるとはよくいったもの。

 

次は、どこで終電を逃そうかなと考え始めている。

 

東京の夜には不思議な魅力が詰まっている。