買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・アウトドアやファッションを中心に購入品紹介をするブログ

【メスティン】外でご飯を炊きたいな【トランギア】

外で食べるご飯ってなぜか美味しいですよね。

BBQとか鍋とか・・・

あれ・・?外で炊きたての白米ってあんまり食べなくない?

ってことで、今回は外でご飯を炊くために必要な道具について説明します。

 

 

外でご飯を炊くために必要なもの

ご飯を炊くためには以下の2つの道具が必要となります。

  1. 熱源
  2. 白米を入れて炊くもの

1つ目の「熱源」ですが、これは焚火などを利用しても大丈夫らしいです。ですが、おいしくご飯を炊くためには安定した火が必要となるので、シングルバーナーなどを使いましょう。

2つ目の「白米を入れて炊くもの」ですが、つまるところ蓋を閉めれるなら何でも大丈夫です。クッカーとかね。ですが、私は「メスティン」と呼ばれるものをお勧めします。 

 

メスティンとは

メスティンとはこんなやつのことです。

f:id:null11blg:20181121124411j:image

中に洗った米を入れて、熱源の上に置きます。

どうしてメスティンがいいかというと・・・かっこいいから(笑)

 加えて、初心者でも炊きやすいという点があります。横に広がっているため、米全体に火が伝わりやすく、非常に簡単に米を炊けます。

また、調理の幅が広がるという点もあります。たとえば、鮭の切り身を入れて鮭の炊き込みご飯にしたり、中に網を引いて蒸し器にしたり。

 

このように、1つは持っておくと便利なので初心者から中級者までお勧めしたいです。

 

おすすめのメスティン

メスティンといったらこれ。

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】

 

2合ぐらいまで炊けるサイズと4合ぐらいまで炊けるサイズの2種類あります。ソロor2人ぐらいのキャンプなら、小さいサイズがおすすめです。小さいサイズの寸法は17×9.5×6.2cm となっており、中に米やら食材を入れて持ち運べるので、パッキングの観点からも非常に使いやすいです。また、重さも150gと軽い。

下の写真は、小さいサイズのメスティンに小瓶の油と塩を入れたときのものです。隙間にコンソメの素とかも入りそうです。

f:id:null11blg:20181107184024j:image

 

ぜひ、皆さんも手に入れてみては?

 

では