買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・ファッションやアウトドアを中心に日常のアレコレを紹介をするブログ


【無印良品】無印の足のサイズに合わせてくれる靴下が革命レベルだった


 

モンベルのソックオンサンダルを買ってからというもの、いい感じの靴下はないものかと色々と探していました。

 

 


 

今回は無印で見つけた【足のサイズに合わせてくれる靴下】を紹介しようと思います。

 

 

この商品について

 

【足のサイズに合わせてくれる靴下】

 

f:id:null11blg:20181025124802j:image

 

価格  ¥350(税込) 3足購入で¥890(税込)

カラー 黒 グレー チャコールグレー ダークネイビー

サイズ 24〜28cm

 

いろんなサイズの足にフィットするようかかとを特殊な方法で編み立てました。消臭機能付きの靴下です。

www.muji.net

 

 

同じタイプのレディースもあります。

 

www.muji.net

 

 

これらは無印の『えらべる靴下』シリーズなので、3足で¥890(1足あたり¥269)とお得に買うことができます。

 

 

無印の直角靴下の魅力

 

無印といえば『直角靴下』

直角靴下といえば『無印』

 

 

そもそも無印の直角靴下のルーツは2006年とのこと。

「かかとに据わる靴下」──チェコでは、履き心地の良い靴下のことを、そんなふうに表現するそうです。チェコのルジェナおばあちゃんが編んだ靴下に出会ったのは2006年でした。

www.muji.net

 

全てのサービスの原点である、『たくさんの人に喜んでほしい』ということ。

無印の商品を見ていると様々なところで、このおもいを垣間見ることができます。

無印の大きな魅力です。

 

 

直角の靴下には

包み込まれるような履き心地の良さ

ずれにくい

しめつけない

 

といった特徴があります。

 

 

この三つの中で一番感じるのは『履き心地のよさ』です。

 

今まで履いていた、くの字靴下から直角靴下に変えたときに思ったのが

 

「自然だぁ」

 

ということです。大げさに聞こえるかもしれませんが、自分の中では革命的な出来事で、いたく感動したのを覚えています。

 

今までは、家に帰ると一目散に靴下を脱ぎ捨てていた僕は、この包み込めれるような感覚が好きになり、家にいるときも靴下を履いて生活をするようになりました。

 

 

 

足に合わせてくれるんです!

 

 お店でこの商品を手にとって一番最初に目がいったところ。それは

 

24〜28cm

 

というところです。

 

基本メンズの靴下のサイズは25〜27cmと27〜29cmの2種類に分かれますが

ここで我々は一つの難問にぶち当たります。

 

27cmの人間はどちらを選ぶべきか!?

 

さて困りました。

小さい方を買って、キツキツの靴下ライフを送るか。

大きい方を買って、かかとが余った男として歩むか。

 

他にも

足が小さめで、25〜27cmの方をいつも買うが、物によっては大きすぎて履けないや

 

などなど、靴下の悩みは尽きないものです。

そんな悩める靴下人たちにとって、この靴下は救世主になるかも。

 

 

 

さて、『足のサイズに合わせてくれる靴下』と銘打っているこの商品。

 

さて、どんな加工がなされているのか 。

実際に見てみましょう。

 

f:id:null11blg:20181025124824j:image

 

かかとの部分に注目してみると

プリーツのようなものがついています。これのおかげで

 

かかとの部分が余ったり、余計にしめつけられたりしないんです!!

 

実際に履いてみた感じがこちら

 

f:id:null11blg:20181025124843j:image

 

 

このようにかかと部分を調整してくれるんですね。

これによって幅広いサイズに対応することができるというわけです。

 

 

弱点発見!?

 

この写真を撮影して初めて気づいたのですが

 

『履くと加工の根元部分がかなり薄い』

 

というのはちょっと心配ですね。

 

今回は撮影用に一足新しいものをおろしたのですが

新品でこの状態だと一番最初に破ける部分がここではないかなぁと思います。

 

実際に使っているものは10回くらい履いていますが

今のところ破れはありませんでした。

 

 

 

まとめ

 

いえのなかでくつしたをはくしあわせ

 

 

こうやって全部ひらがなで書いてみると、靴下の魅力って伝わるんじゃないかなぁと思っています・・・・・・伝わるかなぁ。

 

 

 

僕の靴下ライフにプチイノベーションを起こしたこの靴下。

なかなかいいもんですよ。

 

 

 

おしまい