買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・ファッションやアウトドアを中心に日常のアレコレを紹介をするブログ


【Stan Smith】スタンスミスに心を奪われた【mi Stan Smith】


出会いは突然に

そろそろ新しい靴が欲しいよなと思い始めてきた秋の夜長。

 

そもそもファッションに対して普段からアンテナを張っていない私は、とりあえず色々と調べてからでいっか〜〜と後回しにしがちなため、半年以上靴を購入することなく、靴の新陳代謝もイマイチ。

 

 

まぁ、これを買うぞ!と決めていざお店に行っても、欲しいものが見当たらなくて、特に欲しいものがないときにお店に行くと、これ欲しい!ってなることは結構あるんですよね。

 

そんなあるとき、靴屋の前を通りすぎたその瞬間、目を奪われてしまったのです。

 

そう、アディダスのスタンスミスに!

f:id:null11blg:20181025113257j:plain

出典:https://www.abc-mart.net/shop/g/g5827660001044/

 

これはもう私の負けです。気になってしまったのですから。気になったら負けなんです。欲しい!そういう気持ちで胸がいっぱいになってしまったんです。そう、気になってしまったのですから。

 

 

スタンスミスはあこがれ

よくよく考えてみると、スタンスミスはこれまで何度も目にしたことがあり、正直これが初めてというわけではありませんでした。

 

しかし、これほどまでに心を奪われたということは今までなかったんですね。

 

手に取り、履いてみる。そうしてその魅力にますますとりこになっていく...

 

これ買うわ!と思ったのですが、待て待てよく考えてからにしようと。ここにお金をかけるべきなのかと。

 

その日はひとまずその場を離れて帰路に着いたのでした。

 

スタンスミスに思いを馳せる

そもそもスタンスミスは、テニスプレイヤーのスタンスミス氏のテニスシューズとして生まれた靴ですね。

 

それがいつの日にかギネスブックに載るほどの売り上げを誇る、まさにレジェンドと呼ぶにふさわしい靴となったわけです。

 

スタンスミスの魅力はまさしく”レス・イズ・モア”。少ないことは、より豊かなことであるということを体現するようなシンプルで洗練されたそのルックスは、カジュアルからフォーマルまでどんな服にも合わせることができるでしょう。

 

しかも、そのシンプルさというのは私にとって、ファッションという敷居を下げるようなものであるとも感じるのです。

 

つまり、これはオシャレでありファッションなのだ!という主張が少ないことによって、私のように普段からファッションに通じていない人間にとって取っ付き易く、簡単にオシャレをすることができるアイテムであるように思うのです。

 

いい靴を履きなさいだったり、オシャレの第一印象は靴で決まる、なんて言われたりもするので、スタンスミスを一足持っておくということは私にとって非常に大きな意味を持つように思います。

 

そう考えると、やはりスタンスミスを手に入れておくべきだということになりました。

 

しかし、スタンスミスはギネスブックに載るほどの売り上げを誇るアイテム。街を歩けばスタンスミスに当たるかもしれません。

 

では、スタンスミスで個性を、自分らしさを演出することはできないのでしょうか?

 

mi Stan Smith、それは自分だけのスタンスミスを手に入れるということ

それに対する一つの答え、それはmi adidasで自分だけのスタンスミスをカスタマイズするということ。

 

mi adidasはアディダスの公式オンラインショップのことで、通常モデルの販売を行なっている他、自分オリジナルのスタンスミスをオーダーすることもできます。

shop.adidas.jp

 

カスタマイズの幅はかなり広くなっており、靴の素材から本体カラー、ロゴ、ソールまでの指定をすることができます。

 

もし、自分だけのスタンスミスが欲しいという方は一度mi adidasのサイトを訪れてみてはいかがでしょうか。

 

おわりに

店先での出会いから、色々と調べてmi adidasに辿りついたわけですが、ここまできてそのときに出会い、一目惚れをしたスタンスミスにするか、あるいはオーダーしてオリジナルのスタンスミスにするかは非常に悩ましいところ。

 

ちなみに、今回のカスタマイズだと料金は税込17,200円ということで、通常のモデルよりも値段は高くなります。

 

まだ一足もスタンスミスを持っていない私はどちらを選べばいいのか。

 

今年の秋は、思案の秋になりそうです。