買わないオトコの買い物ブログ

『それでも欲しいもの』を求めて・・・アウトドアやファッションを中心に購入品紹介をするブログ

【AP】応用情報技術者試験を受けてきました~感想編~【H30秋】

先週の日曜日に応用情報技術者試験(通称:AP)を受けてきました。

今回は受けようと思った理由や、受験してみての感想について書きたいと思います。

応用情報技術者試験(AP)とは

応用情報技術者試験を主催しているIPA(情報処理推進機構)には以下のような人物を対象に試験を行っているようです。
高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者

引用元:情報処理推進機構 応用情報技術者試験 対象者像

つまるところ、IT社会で通用する人物になってね、ということでしょう。

 

このAPですが、実はIPAが主催している試験の中で下から2番目のレベルに位置しています。下の画像は現行の試験制度についてまとめられたものです。

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/taikei.png

引用元:情報処理推進機構 現行の試験制度

APより簡単な試験は基本情報技術者試験(通称:FE)があり、難しい試験にはネットワークスペシャリストやデータベーススペシャリストがあります。

これらを持っていたり取得したら、会社によって褒賞金や手当がつくみたいですね。

応用情報技術者試験を受けようと思った理由

受けようと思った理由は・・・「就職のため」ですね笑

この試験は受かると履歴書に堂々と書けますし、持っていれば開発・技術職に限らず様々なところでアピールできるかなと思っています(アピールできるかはわからない)

という、不純な?動機で受けました。

受験してみての感想

私が受けたのは10/21に行われた平成30年度秋期試験となります。

午前試験

午前は80問の4択問題。センター試験みたいな感じですね。

過去問やテキストを使って勉強していたのですが、例年より難しく感じて試験中焦りました・・・。

午後試験

 午後試験は記述問題となります。問題は11問あり、必須選択の問題(セキュリティ)とそれ以外から4問選択します。私はアルゴリズム、ネットワーク、システムアーキテクチャ、組み込みシステムを選びました。

それぞれの感想について書いていきます。

  1. セキュリティ
    例年通りな問題で、簡単だと感じている人が多そうな感じ。
    まあセッション管理のところをログ管理を選び間違えましたけどね!
  2. アルゴリズム
    めっちゃ難しかった印象。50分ぐらいかけてなんとか解答をかいた感じです。
  3. ネットワーク
    「〇〇文字以内で書け」のところを上手く書けなかったですね。急いで解いたため、もうちょい時間かけれてたらなぁって感じす。
  4. システムアーキテクチャ
    問題文を理解するのに、結構時間がかかってしまいました。しかも、少数でかくところを整数で書いたりと、やらかしてしまいました。
  5. 組み込みシステム
    例年より簡単だったかなぁと。ただ、回答のしかたを間違った可能性が・・

とまあ、それぞれの問題の感想はこんな感じです。

自己採点の結果。。。

IPAの公式サイト(https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_
2018h30.html#30aki
)に午前問題の解答、資格のTACのサイト(https://www.tac-school.co.jp/kouza_joho/sokuhou.html)に解答速報が上がってました。ここを参考に自己採点しました。

結果は・・・

 

午前 66/80問正解        (48問以上正解で合格)

午後 63点/100点            (60点以上で合格)

 

ん・・・ギリギリか!?

午後の設問ごとの配点やマークミスで前後する可能性は十分あるんで、かなりやばいです・・・。

落ちている可能性は十分ありますね!!!

震えて結果発表を待ちます(2か月後)。。

 

 

 

と、以上が今回、受験してみての感想となります。

もし、受かっていたら取り組んだ勉強方法やスケジュールなどの記事を書きたいと思います。

では